*

デリケートゾーンの処理

公開日: : デリケートゾーン処理

デリケートゾーンは人に滅多に見られる場所ではありませんが、出来るだけ綺麗に保っておきたいと思うのが女性の心理です。ただ、デリケートな場所だからこそ他人に相談するのも難しく、お手入れ方法がわからないという女性も多いようです。特にデリケートゾーンの無駄毛の処理については、女性の関心も高いでしょう。一般的にVIOラインと呼ばれるデリケートゾーンの脱毛方法をご紹介します。

デリケートゾーンの脱毛方法
・エステやクリニックでの脱毛
一昔前と比べると、VIOラインの脱毛を行う人は非常に増えました。脱毛サロンやクリニックが多く開設され、料金も低価格化が進んでいるため、気軽に利用することが出来るようになってきたからです。デリケートゾーンの脱毛は、光脱毛やレーザー脱毛で行うのが一般的です。ブラジリアンワックスという特殊なワックスを使って脱毛する方法もありますが、IOラインのような粘膜に近い部分は肌を傷める危険性があるので、あまりおすすめではありません。

・自宅での処理
一番手軽で、簡単に行えるのが、カミソリや毛抜きを使った自己処理です。デリケートゾーンを専門店で任せることに抵抗があるという人も多くいます。人に見られるのはちょっと…という気持ちもわかります。

専門店ではどのようにデリケートゾーンの脱毛が行われる?
専門店やクリニックで脱毛をする場合には、まずカウンセリングが行われます。残したい毛のデザインやどのあたりまで無駄毛を処理するのかを決定するためです。VIOラインの脱毛を専門店で任せるのを躊躇う一番の理由は、施術を受けるのが恥ずかしいからという声をよく聞きます。施術してくれる人はプロですし、何人も施術していますので、VIOラインをまじまじと観察したり、心の中で何か思ったりすることはほとんどないので、そのような心配は無用です。

Vラインは施術ベッドに寝たまま行います。IOラインは四つん這いもしくは、ベッドに寝転んで両足を開脚する形で行われます。IOラインの施術の際には専用のパンツを履いて施術を受けるため、性器を他人に見られる心配はありませんよ。確かに、初めてIOラインの施術を受けたときはとっても恥ずかしかったですが、慣れてしまえば大したことではありません。ただ、デリケートな場所なので、通常の脱毛と比べると痛みが強いです。見られる恥ずかしさより、痛みに耐えることの方が大変な気がします。

自宅での自己処理の注意点
自宅でデリケートゾーンの処理を行うときは、正しい方法で行わなければデリケートゾーンを傷つけてしまう恐れがあります。特にカミソリを使って処理するときには、皮膚に傷をつけてしまわないように行わなければなりません。下から上に向かって毛を剃っていませんか?毛の流れと逆にカミソリを使うと肌に大きな負担がかかってしまいます。デリケートゾーンの処理をするときは、毛の流れに沿って肌への負担がかからないように行いましょう。

関連記事

no image

デリケートゾーン美容とは?

デリケートゾーンは、自ら見せなければどんな状態になっているかは誰にも知られることはありません。しかし

記事を読む

no image
アンダーヘア処理後のケア

デリケートゾーン、いわゆるVIOラインの脱毛を希望する女性が増えてきて

no image
下着による黒ずみ

デリケートゾーンの悩みは、どんなに親しい友人にも話づらいですし聞きにく

no image
デリケートゾーン美容とは?

デリケートゾーンは、自ら見せなければどんな状態になっているかは誰にも知

no image
股の黒ずみ

人間の肌というのは、刺激を受けるとその刺激からお肌を守るために、メラニ

no image
おりものの臭い

ある程度の年齢を重ねた女性なら、誰にでもあるのがおりものです。おりもの

→もっと見る

PAGE TOP ↑